クリニック紹介

・ごあいさつ・診療方針

院長からのあいさつ

診療方針

  1. 固有の表現に悩む人が、その人らしく生きられるような診療を目指します。
     

  2. 全ての人の避難場所であり続けることを目指します。
     

  3. 積極的な予防活動による社会への貢献を行うよう努力します。

 ベランダには花が咲き、広い待合室にも花が飾られ、診察室の机の上の一輪ざしにも花があります。 しんどい時は、花が目に入りません。 すなわち世界との関係が遮断されています。 花が目に入るようになれば、元気になってきた証拠です。その人が、その人らしくなり、世界との交感・他者との交感が回復するのです。

 私たちはそれを援助します。

   焦らずに…

   自然に…

   蕾が花開くように…。

院長